ここから本文です

8月パナソニック対ハイランダーズ! ディーンズ監督「W杯が明日来ても…」

5/23(火) 12:23配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 パナソニック ワイルドナイツ対オタゴ・ハイランダーズ。日本とニュージーランドの縁の深い強豪クラブ同士の激突だ。

6月に秩父宮みなとラグビーまつり開催 ワラターズ来日しサントリーと対戦!

 おこなわれるのは8月11日、埼玉の熊谷陸上競技場である。キックオフ時間は夕方以降で調整中とのことだが、ファンが注目するのは確かだろう。

 マッチメイクは5月22日、発表された。今季のトップリーグ開幕前最後の練習試合にもなるこの1戦を見据え、ロビー・ディーンズ監督は意気込む。

「ハイランダーズ戦にはベストメンバーで臨みます。最初から100パーセントで戦います」

 2019年のワールドカップ日本大会への機運醸成を目指して8月8~11日に開かれる、「グローバルラグビーフェスタ2017埼玉・熊谷」というイベントの目玉企画だ。

 近隣の群馬県太田市で活動するパナソニックにとって、ワールドカップ開催地のひとつでもある熊谷市はホームに近い。今季も国内トップリーグの公式戦が6試合、おこなわれる。

「この素晴らしいイベントは、これから将来に向けて皆でラグビーを盛り上げるためのひとつのランドマークになる」と話す指揮官は、猛暑が予想される当日の天候も味方につけるつもりだ。

「気候については、向こうの方が敏感なのではないかと思います。(笑みを浮かべ)会場が、ハイランダーズにとって居心地の悪い場所であることを強く願っています。彼らを『ようこそ』と迎えますが、同時に嫌なものも与えていきたいです」

 一昨季までトップリーグを3連覇してきたパナソニックは、国際交流にも積極的。昨季オフの2月にはオーストラリアで開かれた10人制ラグビーの国際大会「ブリスベン・グローバルテンズ」に強く関わってきた。

 なかでも密な連係を交わしてきたのが、ニュージーランドのハイランダーズだった。

 国際リーグのスーパーラグビーで2015年の王者となったハイランダーズは、近年、パナソニックからの留学希望選手を受け入れている。パナソニックの前身である三洋電機でプレーした元ニュージーランド代表のトニー・ブラウンはハイランダーズの現指揮官で、パナソニックに在籍しながら日本人初のスーパーラグビー選手となった田中史朗も前年度まで4季、ハイランダーズで活躍してきた。マッチメイクの実現には、両者間の絆の深さも決め手となっただろう。

 イベントを運営する実行委員には、埼玉県、熊谷市、埼玉県ラグビー協会、そしてパナソニックの4者が集まる。ディーンズ監督の通訳やチームの国際事業に従事するパナソニックの村上泰將さんは、「(太田市から見て)川を挟んで向こう側にあるラグビーの聖地、熊谷。ここを盛り上げなくてはという使命感を、ワイルドナイツは常に持っていました」と説明する。

「ハイランダーズさんにお声かけをして、是非というお話をいただいたのが昨年12月くらいだったと思います。この時点ではどうなるかわからないところだったのですが、ここにいる皆様と会議を重ね、2~3か月間でここに至っています」

 埼玉県ラグビー協会の坂下辰夫理事長は、「北関東にラグビーの文化圏を作っていきたい」と声を弾ませる。8日からのイベント期間中は、来日するハイランダーズやパナソニックの選手が地域交流に協力。県内の学生選手や少年少女向けのラグビークリニックが開かれる予定である。外国人ラグビーマンに書道体験をしてもらうプランもありそうだ。

 現在再建中の熊谷ラグビー場、今度の試合会場となる陸上競技場は熊谷スポーツ文化公園の敷地内にある。「(実現には)数十年もかかる大きな夢だと思いますが」とし、坂下理事長は続ける。

「熊谷のラグビー場に行ったらプールも、サイクリングコース、ジムもあった…と、スポーツとともに地域で暮らし、そのなかにラグビーがあるといったふうにできれば。その(きっかけの)ひとつとしてラグビーフェスタを開催したいと思っています 

 高校生以下なら500円(税込)でチケットが買える自由席、選手たちとの記念撮影ができるバックトラック席など、席種は多種多様。前売り券が20,000円と高額な「メイン(指定)おもてなしシート」には、軽食やフリードリンク、両チームのロゴがデザインされた非売品グッズ計5種類、敷地内の駐車場を優先利用できる権利がついてくる。入場者には再入場券の代用品として、蛍光ライト付きのブレスレットが配布される。

 現職4年目のディーンズ監督は、「私は、長年住んでいるこの北関東エリアをよく知っているつもりです。できる限りプロモーションをかけてきました。皆様のお力添えで、この地域を振興していただければ。ワールドカップが明日来てもいいような機運を作りたい」と情報拡散を願った。

(文:向 風見也)