ここから本文です

インテル暫定指揮官が激白「次の監督が着手すべきは......」

5/23(火) 11:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

リーグ戦9試合ぶりの勝利

21日にセリエA第37節が行われ、インテルがラツィオに3-1で勝利した。

同クラブを率いるステファノ・ヴェッキ暫定監督は試合後に行われた伊『sky』のインタビューで、来季より同クラブで指揮を執る新監督にむけてアドバイスを送っている。

「新しいクラブで指揮を執る監督は往々にしてチームに大変革をもたらそうとする。ただ、(このクラブでは)まずは日々のロッカールームでのマネジメントに心血を注ぐことを勧めたい。素晴らしいオーナーがクラブをバックアップしてくれているが、ファイナンシャル・フェアプレイ制度によって補強も制限されている。まずは現時点でできる簡単なことからクラブを変えていくことが大切だと思う」

今季だけで3度の監督交代が行われるなど、未だに混迷から脱出できていないインテル。同リーグ第36節サッスオーロ戦終了後にはヴェッキ暫定監督が「選手たちは真剣に練習に臨んでいない」と吐き捨てるなど、チーム内のたるみ切った雰囲気も問題視されている。まずは同監督の進言通り、チーム内に正しい緊張感をもたらすことができる指導者の招聘が急務となるが、適任者を見つけることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/