ここから本文です

将棋・藤井聡太四段が19連勝に挑戦 A級棋士屋敷伸之九段「中盤の受けが非常に強い」

5/23(火) 11:48配信

AbemaTIMES

 デビュー以来18連勝の快進撃を続ける将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(14)が、5月25日に第30期竜王ランキング戦決勝で19連勝をかけ、勝った方が、渡辺明竜王(33)への挑戦権をかけた本戦トーナメントの出場権を獲得する。5月18日に藤井四段の対局を見守った名人戦・順位戦A級の屋敷伸之九段(45)は「中盤の受けの強さが非常に目立つ」と、特徴について説明した。若手棋士同士の注目の対決を前に、天才棋士について聞いた。

 もともと藤井四段は、詰将棋回答選手権を3連覇する実力から、終盤力には定評があった。だが、対局数が増えるとともに、周囲の棋士の評価・印象も変わってきた。それが「受けの強さ」だ。屋敷九段は「もちろん終盤も強いが、中盤の受けの強さが非常に目立ちます。うまく差をつけて、最後まで指しきるという印象です」と解説した。終盤力=攻撃力というイメージが持たれやすいが、守備力も十分に備わっているというわけだ。「序盤もしっかり研究しているのがうかがえる内容です。最新型もしっかり指しています」と、高く評価した。

 竜王戦は、タイトルの中で最高額となる優勝賞金4320万円を誇るビッグタイトルながら、実はデビュー間もない若手棋士でも獲得のチャンスがある。現在、6組に在籍する藤井四段は、次戦も勝利し優勝すれば本戦のトーナメントへの出場が決定する。本戦では、上位組の棋士よりも対局数が多いため、挑戦者決定三番勝負までの道のりは険しいが可能性はある。屋敷九段は「竜王なら、藤井四段も本当に今年のうちになれる可能性がある。羽生(善治)さんが竜王になった時もそんな感じでしたから」と振り返った。実際に昨年は、6組優勝の若手・青嶋未来五段が3試合勝ち進み、三番勝負まであと2勝と迫った。

 6組の決勝でぶつかる近藤五段も、若き実力者の1人だ。屋敷九段も「段位を超えた実力者です。本格派なので、じっくりとした戦いになるんじゃないでしょうか。非常に楽しみな一局です」と熱戦を期待していた。

 まだまだ底を見せない藤井四段が、ビッグタイトルにさらに近づくのか。「いくら天才とはいえ1年目でタイトルなんて」と思っていたファンも、次戦に勝利した際には、いよいよ真顔で「本当にあるんじゃないか」と話すようになるかもしれない。

最終更新:5/23(火) 11:48
AbemaTIMES