ここから本文です

東京モーターショーにハーレーなどが復帰

5/23(火) 12:20配信

ニュースイッチ

今年10月27日―11月5日に東京ビッグサイトで

 日本自動車工業会(自工会)は第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表、スウェーデンのボルボ・カー、米ハーレーダビッドソンが復帰するほか、スウェーデンのスカニアが初出展する。乗用車、商用車、2輪車は国内メーカー14社、15ブランド、海外は13社、19ブランドが出展する。前回を超える展示面積規模で開く。

 モーターショーでは自動運転、カーシェアリングなど将来のモビリティー社会がもたらす環境を体験できる参加型イベントを開催する。VR(仮想現実)システムを使い次世代車の快適さや安全性などをゲーム感覚で味わえるプログラムなどを用意する。

 西川広人自工会会長は「車の先進技術を世界にアピールする場と位置づけ、東京モーターショーの存在感を高めていきたい」と述べた。会期は10月27日―11月5日の10日間(一般公開は10月28日から)。会場は東京ビッグサイト(江東区・有明)。

最終更新:5/23(火) 12:20
ニュースイッチ