ここから本文です

インドネシア鉄鋼対話、輸入承認制度など是正求め前向きな回答

5/23(火) 11:04配信

日刊産業新聞

 日本とインドネシアの官民鉄鋼関係者は19日、インドネシアのジョグジャカルタで第7回鉄鋼対話を開き、関心事項などについて意見交換した。日本側は熱延鋼板の誤った高関税の是正のほか、輸入承認制度や船積み前検査、経済連携協定(EPA)に基づいた用途別免税制度の是正を求め、前向きな回答を引き出した。インドネシア側は投資促進を求めた。15年以降開いている対話の中間期のフォローアップ会合を7月に開くなど残された課題も詰める。次回の対話は来年4―5月に東京で開く。

最終更新:5/23(火) 11:04
日刊産業新聞