ここから本文です

夏の暑さをしのげ! 育てよう緑のカーテン/富山

5/23(火) 21:14配信

チューリップテレビ

 今年もこれからつくろうと考えている人がいらっしゃるかもしれません。

 グリーンカーテンを作って夏の暑さを和らげようと、魚津市の小学生たちがゴーヤの苗を植えました。

 グリーンカーテン作りに取り組むのは、魚津市の上野方小学校の2年生22人です。
 魚津市によりますと、グリーンカーテンを設置すると、その効果で室内の気温を3度から5度程度、下げられるということで、市内の学校や事業所などにグリーンカーテンの設置を呼びかけています。
 上野方小学校では、ゴーヤを育ててグリーンカーテンを作り、夏の日差しを和らげることにしました。
 23日植えたゴーヤは、2か月後には、高さ4メートルのネットに青々とした葉を茂らすということです。
 魚津市によりますと、立派なグリーンカーテンに育てるには、朝と夕方にたっぷり水をやりことと、最初に伸びてきた芯を切ってつるを横に広げていくことがポイントだということです。

チューリップテレビ