ここから本文です

共謀罪法案、衆院を通過 国連報告者は日本政府の抗議を「中身がない」と批判

5/23(火) 14:19配信

BuzzFeed Japan

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」法案が5月23日午後、衆議院本会議を通過した。この法案をめぐる日本政府の対応を、国連特別報告者が批判している。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

「特別報告者」は、国連人権理事会に任命される独立した立場の専門家だ。国やテーマごとに監視し、理事会に報告する。

国連のプライバシー権に関する特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏(マルタ大教授)は、共謀罪法案についての書簡を5月18日付で安倍晋三首相に送付していた。

書簡では、同法案がプライバシーや表現の自由を制限するおそれがある、と指摘。対象となる277の犯罪にはテロや組織犯罪とは無関係なものがあり、法律が恣意的に適用される危険性への懸念を訴えている。

書簡は、国連人権高等弁務官事務所のホームページで公開された。

日本政府は、この書簡に強い拒否反応を示した。

菅義偉官房長官は5月22日、「一方的に発出したもの。不適切なもので、外務省を通じて強く抗議を行っている」と述べ、こうも語った。

「特別報告者という立場ですけれども、個人の資格で人権状況の調査報告を行う立場であり、国連の立場を反映するものではない」

一方、日本政府から「強い抗議」を受け取ったケナタッチ氏は、ロイター通信の取材にこう答えている。

「日本政府のこのような振る舞いと、性急に欠陥のある法律を成立させようとしていることは、断じて正当化できません」

東京新聞も同様に5月23日朝刊に、ケナタッチ氏へのメールインタビューを掲載。日本政府の対応について、「中身のないただの怒り」などとするコメントを報じている。

それによると、日本政府の「抗議」は在ジュネーブ日本政府代表部の職員から約1ページの文書として渡された。そこには、「プライバシーや他の欠陥など、私が多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」という。

そのうえでケナタッチ氏は、「日本政府はいったん立ち止まって熟考すべき」と呼びかけている。

最終更新:5/23(火) 16:38
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ