ここから本文です

ユナイテッドに化け物現る 新星が個人技で鮮やかデビュー弾

5/23(火) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アカデミー出身の21歳ジョシュ・ハロップ

マンチェスター・ユナイテッドは21日、イングランド・プレミアリーグ最終節でクリスタル・パレスと対戦した。UEFAヨーロッパリーグ決勝に向けて、メンバーを落としたユナイテッドだが、2-0で勝利を収めている。


ユナイテッドに新たな化け物 新星が個人技で鮮やかデビュー弾(動画アリ)

ユナイテッドはこの日、平均年齢22歳というプレミアリーグ歴代最年少となるチームをピッチに送り込む。プレミアリーグデビュー戦となる選手が何人かいるなかで、一際存在感を示したのが、21歳のジョシュ・ハロップだ。アカデミー育ちのハロップは、ポグバのスルーパスに反応すると、自ら持ち込み先制点を叩き込んだ。試合後同選手は夢が叶ったとクラブ公式サイトに語っている。

「何度も夢に見てきたことが今日叶った。嬉しくて仕方がないよ! 家族も友人も試合を観に来てくれて、今日という瞬間を共有できてとても嬉しいよ。8歳の頃から練習してきたのは、今日という日を迎えるためだった。言葉が見つからないよ。リザーブチームでの試合で自信を得ていたんだ。監督の前でハットトリックを達成したからね。それが今日の試合にも役立ったよ」

ハロップは、プレミアリーグで得点を決めたユナイテッドの100人目の選手となった。レジェンドたちに肩を並べたアカデミーの選手たちは、ここから先が勝負となる。出場や得点だけに満足せず、今後のユナイテッドを背負うプレイヤーにならなければならない。

https://www.theworldmagazine.jp