ここから本文です

マリア、ドダン、土居美咲ら2回戦へ [ニュルンベルク/女子テニス]

5/23(火) 13:30配信

THE TENNIS DAILY

 ドイツ・ニュルンベルクで開催されている「ニュルンベルガー保険カップ」(WTAインターナショナル/5月21~27日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、20歳のオセアン・ドダン(フランス)が第3シードのジャン・シューアイ(中国)を6-7(11) 6-3 6-4で下す番狂わせを演じた。

土居美咲がサカーリの途中棄権で3年連続初戦突破 [ニュルンベルガー保険カップ]

 世界ランク57位のドダンは、次のラウンドで日本の土居美咲(ミキハウス)と対戦する。土居は第1セットを7-6(0)で取ったところで対戦相手のマリア・サカーリ(ギリシャ)が棄権したため、その時点で2回戦進出を決めた。

 第5シードのアリソン・リスク(アメリカ)はエリーゼ・メルテンス(ベルギー)を6-4 4-6 6-3で破り、大会をスタートさせた。リスクは次のラウンドで、キルステン・フリプケンス(ベルギー)と対戦する。フリプケンスは日曜日に行われた1回戦で、すでにアイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)を下していた。

 第6シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)は日本の日比野菜緒(LuLuLun)を7-5 6-1で下し、日比野に対する3度目の勝利を挙げた。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したタチアナ・マリア(ドイツ)は予選勝者の18歳、マリア・ブズコバ(チェコ)を6-0 6-1で退けた。

 予選勝者同士の対戦、バーボラ・クレチコバ(チェコ)とアレクサンドラ・カダントゥ(ルーマニア)の対戦は、クレチコバが6-4 5-2とリードしたところでカダントゥが棄権したため、2回戦に進んだ。ヤニナ・ウィクマイヤー(ベルギー)は予選勝者のアムラ・サディコビッチ(スイス)を7-6(15) 6-7(4) 6-2の大接戦の末に下して勝ち上がった。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: NUERNBERG, GERMANY - MAY 22: Tatjana Maria of Germany after the match against Marie Bouzkova of Czech Republic in the first round during the WTA Nuernberger Versicherungscup on May 22, 2017 in Nuernberg, Germany. (Photo by Oliver Hardt/Bongarts/Getty Images)

最終更新:5/23(火) 13:30
THE TENNIS DAILY