ここから本文です

EXILE HIRO、映画『たたら侍』は「現代に通ずるものがたくさん」

5/23(火) 17:10配信

AbemaTIMES

 映画『たたら侍』の初日舞台挨拶が20日都内で行われ、劇団EXILEの青柳翔、EXILEのAKIRA、三代目J Soul Brothersの小林直己、俳優の津川雅彦らが登壇した。

 主演の青柳は「たくさんの方が協力してくれたおかげで無事に初日を迎えることができたと思っております」とコメント。『たたら侍』は奥出雲の村を舞台に、日本独自の製鉄技術「たたら吹き」の継承を宿命づけられた青年が、葛藤や挫折を通して成長していく姿を描いた本格時代劇映画だ。

 映画初プロデュースとなるHIROは、「たたら侍は時代劇なんですけれども、現代の僕らに通ずるものがたくさんあると思っています。何か心の中で感じていただけたらなと思います」と、『たたら侍』に込めた思いを語った。

 また青柳は「鋼を作っているシーンは村下(たたら吹きの職人)の方々が良い玉鋼を作りたいという思いと映画チームが良い映像を撮りたいという思いが交錯したシーンだったんじゃないかなと思っているので、見どころの1つとして観ていただけたらなと思っています」と話した。
(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/23(火) 17:10
AbemaTIMES