ここから本文です

DeNA筒香、復帰戦で大暴れ 2ラン含む3安打3打点4得点&激走で勝利に導く

5/23(火) 21:11配信

Full-Count

「4番・左翼」の“定位置”で戦列復帰

 股関節の違和感で4試合連続欠場していたDeNAの筒香嘉智外野手が、23日の中日戦(横浜)から「4番・左翼」の“定位置”で戦列に復帰。チームを9-4での勝利に導いた。

 第1打席から見せ場が訪れた。2点ビハインドの1回、桑原の左中間二塁打などで作った2死三塁の好機で打席に立つと、バルデスの低めの変化球を、一、二塁間を鋭く破るライト前タイムリーとした。さらに、5番・宮崎がライトフェンス直撃の二塁打を放つと、一塁から一気に本塁へ突入する激走で、同点のホームを踏んだ。

「早いイニングに点を返したかったので、タイムリーヒットになって良かったです。濱口に本拠地初勝利をつけさせてあげたいので、まだまだ頑張ります」

 横浜スタジアムで公式戦初登板となったドラフト1位ルーキー、濱口を助けるプレー。濱口は3回にビシエドに勝ち越し2ランを浴び、2-4とリードを許したが、苦しい左腕を救ったのはまたしても4番だった。

 3回2死一塁からバルデスの初球をとらえ、右越えの4号2ランで再び同点。「インコースのボールをうまく反応して打つことができました。濱口のためにもまだまだ頑張ります」と頼もしい主砲の姿をみせた。

 濱口は5回途中での降板となったが、筒香のバットは止まらない。6回には先頭打者として、ライナーでの中越え二塁打を放ち、三進後に田中浩のレフトへのタイムリーで勝ち越しの生還を果たした。7回には1死二、三塁で打席を迎えたが敬遠気味の四球で出塁。その後、宮崎、戸柱のタイムリーで4点を追加した。3打数3安打、3打点4得点。筒香復活をアピールするには十分すぎる夜となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/24(水) 8:00
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(水) 13:30