ここから本文です

巨人菅野、ピンチで圧巻3連続三振斬り セ界トップ6勝目&防御率も1位奪回

5/23(火) 21:14配信

Full-Count

同僚の田口を抜いて再び防御率トップ浮上、小林が貴重な決勝打

 巨人は23日、甲子園での阪神戦に1-0で勝利した。先発・菅野が7回6安打無失点と快投しリーグトップの6勝目。打線は小林が貴重な決勝打を放った。首位阪神は秋山が7回5安打1失点と好投も、打線が菅野を打てず。「伝統の一戦」初戦を落とした。

【データ一覧】セイバー指標で見る菅野&田口の成績は?セ・リーグ投手成績一覧

 試合は序盤から巨人菅野、阪神秋山の投手戦に。秋山は初回、2本のヒットを許すも無失点。菅野は3回1死二、三塁のピンチで糸井を左飛、福留を左邪飛に仕留めるなど、両投手ともに6回までスコアボードにゼロを並べた。

 7回、巨人は2死から石川の二塁打、中井の敬遠気味の四球で一、二塁とする。すると、女房役の小林がライトへ先制のタイムリーツーベース。ついに均衡を破った。

 その裏、菅野はキャンベルのセンター前ヒット、自身の野選で無死一、二塁とピンチを背負う。しかし、ここから高山、上本、糸井を圧巻の3者連続三振。ピンチでギアを上げ、115球を投げぬいて1点のリードを守った。

 巨人は8回をマシソン、9回をカミネロとつないで、1-0で勝利。菅野は防御率1.58として、同僚の田口を抜いてセ・リーグトップの座を奪回した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/24(水) 7:33
Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ