ここから本文です

鵜澤潤が名古屋Dと契約満了、13年間過ごしたチームに別れ

5/23(火) 19:02配信

バスケットボールキング

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは5月23日、鵜澤潤が契約満了に伴いチームを退団すると発表した。


 パワーフォワードを務める鵜澤は、日本体育大学卒業後の2004年に当時スーパーリーグのメルコドルフィンズ(現名古屋D)に加入し、13シーズンにわたってチームに所属。今季は44試合に出場して111得点(1試合平均2.5得点)を挙げた。

 退団が決まった鵜澤はクラブの公式HPで「選手として1度も優勝をすることが出来ず、悔しい思いもたくさんして来ましたが、ファンの方々、仲間に支えられた13年間でした」と振り返り、「今回の退団の決断に理解して頂いたチームには本当に感謝しています。長い間本当にお世話になりました」とコメント。また、自身のTwitterでは「今後については改めてご報告したいと思います」と伝えた。

 なお、名古屋Dは23日時点で張本天傑、船生誠也、安藤周人、笹山貴哉、ジェロウム・ティルマン、中東泰斗、中務敏宏、藤永佳昭の8選手と2017-2018シーズンの契約を締結している。

BASKETBALL KING