ここから本文です

憲法の現状と意義を再確認 30日から連続講座

5/23(火) 9:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 施行70年を迎えた憲法の現状と意義を再確認しようと、神奈川県弁護士会は本年度、全6回の連続講座を企画した。初回は30日に横浜市開港記念会館(同市中区)で開催、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」をテーマとする。

 講座では社会が直面するさまざまな課題を毎回取り上げ、憲法の条文から問題点や解決策を考える。初回は海渡雄一弁護士が講師を務め、「思想・良心の自由」(19条)などの観点から共謀罪を見つめる。

 予定されている日程とテーマは、▽第2回=7月31日、ヘイトスピーチ▽第3回=9月29日、国家緊急権▽第4回=11月28日、家族と女性▽第5回=2018年1月25日、貧困▽第6回=3月27日、原発被害-。

 いずれも午後6時半から。入場無料、予約不要。問い合わせは同弁護士会電話045(211)7705。