ここから本文です

神木隆之介、『アリエッティ』米林監督と再タッグ!『メアリと魔女の花』出演決定

5/23(火) 5:00配信

クランクイン!

 俳優の神木隆之介が、米林宏昌監督の最新アニメ映画『メアリと魔女の花』にピーター役で出演することが決定した。神木は『借りぐらしのアリエッティ』(10)以来、7年ぶりに米林監督と再タッグを組む。

【関連】「神木隆之介」フォトギャラリー


 『メアリと魔女の花』は、『借りぐらしのアリエッティ』(10)でその年の邦画興行収入NO.1を記録し、次作『思い出のマーニー』(13)では米アカデミー賞にノミネートされるなど快進撃を続けてきた米林監督が、2014年末のジブリ退社後に新たに挑む話題作。主人公のメアリを杉咲花が務め、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶといった日本を代表する俳優陣が声優として参加する。
 
 今回、その『メアリと魔女の花』のラストピースを埋めるべく、神木の出演が決定。神木は魔女の花によって不思議な力を手にしたメアリの小さな嘘によって、大事件に巻き込まれてしまう赤い館村の少年ピーターを演じる。
 
 同作への出演について神木は「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました」と久しぶりの再会を喜ぶ。また「本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました」と作品に触れ、「観終わった後に、きっと笑顔になれる素敵な作品に仕上がっていると思いますのでご期待ください」とコメントを寄せた。

 米林監督は神木について「アリエッティ以来7年ぶりの仕事でしたが、前回と同じく12歳の少年の役をお願いしました。メアリが引越し先で出会う、地元の優等生的な勤労少年ピーター。ドジばっかりするメアリをピーターが笑うのですが、神木さんは嫌味なく爽やかに演じて下さいました」と言い、「杉咲さんのメアリと神木さんのピーターのデコボココンビは、作品に温かい空気を与えてくれました」と語り、手応えを感じた様子だ。

 『メアリと魔女の花』は、7月8日より全国公開。

最終更新:5/23(火) 5:00
クランクイン!