ここから本文です

琉球放送、ラジオ沖縄がFMでも聞ける 難聴解消へ12月開局予定

5/23(火) 9:05配信

沖縄タイムス

 沖縄県内でラジオ局を持つ琉球放送(RBC)とラジオ沖縄(ROK)は22日、AM放送をFM放送でも流す「FM補完放送(ワイドFM)」事業を進める総務省から同事業の補助金交付決定書を受けた。両社は年内の開局に向けて準備を進めるという。

 ワイドFMは、AM波が届きにくいビルやマンション内の難聴対策や外国波の混信対策のため、AM放送の内容をFM放送でも流す事業。同省が2014年から推進し全国で広がっている。両社は、それぞれ約1億2千万円の事業費のうち半分の補助を受けることが決まった。

 同省沖縄総合通信事務所によると、今年秋ごろに周波数が決まり、12月に開局を予定している。藤本昌彦所長は「ラジオが愛されている沖縄で聞こえづらさを解消してください」とあいさつ。RBCの白石弘幸社長は「災害時にも強いラジオにしたい」と話した。

最終更新:5/23(火) 9:30
沖縄タイムス