ここから本文です

【あなたは何しに?】ザウバー創始者が久々にパドックへ。ホンダPUへの思いを語る

5/23(火) 7:15配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると普段見かけない人との出会いがある。そんな人に、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねてみる特別企画。今回はザウバーチームの創始者であるペーター・ザウバーだ。

【画像】ザウバーF1のドライバー候補と考えられている松下と福住

------------------------

 スペインGPでカタロニア・サーキットのパドックを歩いていたら、ザウバーのモーターホームにペーター・ザウバーの姿を見かけたので、中に入ってあいさつをした。  

 ザウバーのモーターホームに、チームの創始者であるペーター・ザウバーがいるのは当然だろうと思われる方もいるだろうが、ペーター・ザウバーの株式は昨年の7月に新しく共同オーナーとなったロングボウ・ファイナンス社にすべて売却されたため、もはやペーター・ザウバーは、経営的にはザウバーチームから完全に離れた存在なのである。

 モニシャ・カルテンボーン代表によれば、「ペーターが最後にグランプリに来たのは、2015年のモンツァ」というから、今回のグランプリ訪問は株式売却後、初めてとなっただけでなく、2015年イタリアGP以来、1年8カ月ぶりの特別なものとなった。ところで、どうしてスペインGPだったのだろうか。

「今回、私を招待してくれたのはロングボウ・ファイナンス社で、彼らも今回、ここに来るので、一緒に行かないか?と誘われたんだ」と笑うペーター・ザウバー。新しくなったF1について尋ねてみたら、「私は93年からF1をやってきたんだ。これまで経験してきた多くの変更に比べれば、今回の変更は大したことはない」と笑う。



 ザウバーといえば、ロシアGPで2018年からホンダのパワーユニットを搭載することが決定したばかり。その決定をペーター・ザウバーはどのように見ているのだろうか。

「確かにホンダと組むのは、F1では今回が初めてだ。でも、われわれのチームはイルモアと組んでF1に参戦し、そのあとフォードを積み、97年からはフェラーリの協力のもと、ペトロナスからエンジンの供給を受け、2005年からはBMWとパートナーシップを結んで戦って来た歴史がある。時代に合わせて、最適な相手と組むことでサバイバルして来た。ホンダとの提携もそうなってくれることを願うよ」


 ザウバーといえば、キミ・ライコネンやフェリペ・マッサといったのちにタイトル争いを繰り広げる優秀なドライバーがデビューしたチームとして知られている。ホンダの育成ドライバーが来年このチームからデビューできることを祈りたい。

[オートスポーツweb ]

Yahoo!ニュースからのお知らせ