ここから本文です

メルセデスF1、スペインGPではボッタスのPUに「未経験のターボの問題」が発生していたと明かす

5/23(火) 15:30配信

オートスポーツweb

 スペインGPでバルテリ・ボッタスをリタイアに追い込んだ原因は、これまでに起きたことのないターボのトラブルだったことを、メルセデスF1が明らかにした。

スペインGPで優勝したルイス・ハミルトン

 前戦スペインGPでは1コーナーでキミ・ライコネンとマックス・フェルスタッペンとの衝突を切り抜け、フェラーリのセバスチャン・ベッテルをブロックしてチームメイトのルイス・ハミルトンを優勝に導き大きな役割を果たしたボッタスだが、3位を走行中にレース半ばでリタイアとなった。

 メルセデスは信頼性を向上したアップデート版の新パワーユニットをバルセロナに持ち込んでいたものの、ボッタスのマシンはこれまでの4戦で使用した以前のパワーユニットに戻さざるを得なかった。金曜日のフリー走行後に電気系統のトラブルを修復する際、新しいパワーユニットから水漏れが発見されたからだ。

 メルセデスによるレース後の分析で、ボッタスの旧パワーユニットに発生したトラブルは、これまでチームが経験したことのないターボの問題が原因であることが明らかになった。このトラブルについて、メルセデスF1チームのトップであるトト・ウォルフが次のように説明した。

「我々は問題の根本原因がターボであることを特定した。このような問題はいままで見たことがなく、より一層注意する必要がある。F1は技術的なスポーツなので、限界を広げようとすれば、テクニカルトラブルに直面することになる」

 メルセデスはオフシーズン中、MGU-HとMGU-Kの刷新を含む大幅なパワーユニットの再設計に取り組んでいた。ボッタスのリタイアは、メルセデスにとって2017年シーズンに初めて経験する重大なパワーユニットの不具合となってしまった。

 それでもメルセデスは今シーズン開幕からの5戦のうち3戦で優勝を飾り、十分な競争力と信頼性を持つことを証明している。しかし今季序盤はフェラーリと激しいタイトル争いを演じており、チームはプレッシャーを感じているとウォルフは言う。

「我々はフェラーリと熾烈な戦いをしている。それはとてもエキサイティングでやりがいのあることだが、一方で我々は限界に挑戦しなければならなくなっている。毎週末、我々は限界まで追い込まれる。これが2017年のF1の新しい現実だよ」

[オートスポーツweb ]