ここから本文です

レアルのペレス会長がジダン監督を絶賛「世界で最も優れた指揮官」

5/23(火) 20:20配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードのフロンティーノ・ペレス会長が、クラブをリーグ制覇に導いたジネディーヌ・ジダン監督を称賛している。23日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

【動画】U-20日本代表FW久保建英がルーレットで魅せる

 レアル・マドリードは21日のリーガ・エスパニョーラ最終節でマラガと対戦。引き分け以上で優勝が決まる同クラブは、試合開始早々にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制する。その後、フランス人FWカリム・ベンゼマの得点でリードを広げると試合はそのまま終了し、レアル・マドリードがリーグ優勝を果たした。

 ジダン監督について、ペレス会長は「ジダンはレアル・マドリードのシンボルだ。彼は世界でベストのプレーヤーだったが、今や世界で最も優れた指揮官となった。我々にあらゆるものを与えてくれたよ」とコメント。同監督の手腕を絶賛した。

 さらに、同会長は「我々は最も難しく、競争の激しいリーグを勝ち抜いた。選手たちはクラブの歴史に残っていくだろう。彼らには素晴らしいスピリットがある」と続け、優勝を成し遂げた選手たちを褒め称えている。

 5シーズンぶりにリーグタイトルを手にしたレアル・マドリードは6月3日、チャンピオンズリーグ連覇を懸けてユヴェントスと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:5/23(火) 20:20
SOCCER KING