ここから本文です

コンテが監督賞2冠達成!シーズン30勝でプレミア新記録樹立

5/23(火) 13:27配信

ゲキサカ

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、がLMA(リーグ監督協会)年間最優秀監督賞、プレミアリーグ年間最優秀監督賞に輝いた。クラブ公式サイトによると、LMA賞を獲得はクラブ史上初となる。

 ユベントスから今季加入したコンテ監督は、昨年9月に4-1-4-1から3-4-3にフォーメーションを変えるとこの采配が的中。そこからチェルシーは13連勝を記録するなど、一気に2位以下を突き放し、最終的には2位トッテナムと勝ち点7差で2年ぶりのプレミアリーグ王者となった。さらに今季30勝を達成し、リーグ新記録も樹立した。

 LMA授賞式に出席したコンテ監督は、「ありがとう。就任1年目でこの受賞は信じられない。投票してくれた人たちに感謝している。これからもこの賞にふさわしい仕事をしていきたい。監督としてこの賞は誇りだよ。これまでの努力が報われたんだからね。来シーズンも最善を尽くしていきたい」と喜んだ。

 今季のリーグ戦は全日程を終えたが、チェルシーは26日にFA杯決勝アーセナル戦を控えている。「アーセナルを倒すためには明日からの準備がモノをいう。決勝はクオリティ、戦術以上に強い意志が求められる。勝利への飢えが大事なんだ。まだシーズンは終わっていない。アーセナルとの重要な試合がまだ残っている。こちらはダブルを目指しているが、アーセナルもタイトルへの想いは強いだろう」と、来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃したロンドンの宿敵を警戒した。

最終更新:5/23(火) 13:27
ゲキサカ