ここから本文です

グリエーズマン、マンU移籍は10段階中「6」残留は「7」レアル移籍は「ありえない」

5/23(火) 18:52配信

ゲキサカ

 アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンは、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が10段階中「6」であることを明かした。『スカイ』が伝えている。

 グリエーズマンのアドバイザーによると、ユナイテッドは同選手の獲得に関心を示しているが、本人はまだアトレティコを去る決断ができていないという。

 フランスのTV番組『コティディアン』で、グリエーズマンはユナイテッドへの移籍は「ありえる」と認めた。移籍の可能性について「10段階で示すとどうなのか」と聞かれたグリエーズマンは「6」だと回答。「この2週間でもっと多くのことを知らなければならない」と2週間以内に決断を下すことも表明している。

 また、『ESPN』によると、アトレティコ残留については10段階中「7」だと話しているという。ライバルであるレアル・マドリーへの移籍については「ありえない」ときっぱりと否定した。

最終更新:5/23(火) 19:14
ゲキサカ