ここから本文です

ノーブル・グループ株、32%急落し売買停止-S&Pがデフォルト警告

5/23(火) 15:06配信

Bloomberg

香港に本拠を置くコモディティー商社ノーブル・グループの危機が23日、深まった。同社の社債がデフォルト(債務不履行)に陥るリスクがあると格付け会社S&Pグローバル・レーティングが警告したことを受け、ノーブル株はこの日、シンガポール市場で36分間にわたってほぼ下げ続けて売買停止となった。

S&Pは22日遅く、ノーブルの格付けを3段階引き下げて「CCC+」とし、「ネガティブな見通しは向こう12カ月に同社の財務が破綻し、社債の元利払いが不能になる可能性を映している」とコメントした。

ノーブル株は23日に一時、前日比32%急落し、40シンガポール・セントを付けた。その後42セントまで戻したところで売買停止となった。

S&Pの評価についてノーブルに取材したが、同社はコメントを控えた。

原題:Noble Group Halted After 32% Plunge as S&P Sees Default Risk (1)(抜粋)

Jasmine Ng, Lianting Tu

最終更新:5/23(火) 15:06
Bloomberg