ここから本文です

OPEC減産失速か、裏切り者はイラク-目標達成に最も遠い国

5/23(火) 0:18配信

Bloomberg

石油輸出国機構(OPEC)で産油国2位のイラクは、OPEC最大の裏切り者でもある。過去に倣うのであれば、OPECが狙った減産による原油価格の押し上げは先になりそうだ。

今年第1四半期のイラクの産油量を見ると、削減幅はOPECで合意した水準よりも日量当たり約8万バレル少なかった。減産合意が2018年まで延長されることになった場合、イラクが減産目標を順守するメリットは一段と小さくなるだろう。その理由はイラク南部にある主力油田の生産能力が拡大していることに加えて3年に及ぶ「イスラム国」との戦いで同国の債務が膨れ上がっているからだ。

BNPパリバの商品市場戦略責任者、ハリー・チリンギリアン氏 (ロンドン在勤)は「生産能力を無駄にしておくことはイラクにとっては機会費用を伴うことになる。同国はその負担をためらう可能性がある」と指摘する。その上で同氏はサウジアラビアなど他国がイラクの減産違反をカバーし、年末までには世界的な原油在庫が減少すると楽観的だ。

ただイラクの減産合意の順守状況がさらに後退した場合、他のOPEC加盟国も順守姿勢を緩めるリスクがある。

モルガン・スタンレーの石油アナリスト、マルタイン・ラッツ氏は「市場参加者の多くはOPEC減産の効果にやや失望している」と述べた。同氏はブレント相場がバレル当たり50-60ドルで推移すればOPEC加盟国が減産を順守する可能性が高いが、そのレンジをどちらかの方向に抜けた場合は順守しないリスクが高まるとみている。

原題:OPEC’s Worst Cheater Will Get Harder to Ignore as Curbs Falter(抜粋)

Sam Wilkin

最終更新:5/23(火) 0:18
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ