ここから本文です

ネットジャパンとラネクシー、バックアップソリューションで代理店契約

5/24(水) 10:23配信

BCN

 ネットジャパン(蒋冠成社長)は5月24日、ラネクシー(竹田昌生社長)との間でバックアップソリューション「ActiveImage Protectorシリーズ」の販売代理店契約を結んだと発表した。ラネクシーは、ActiveImage Protectorシリーズを5月25日から販売する。

 ネットジャパンは、ActiveImage Protectorの開発元で、2009年から国内、欧米、アジア各国で、代理店やカントリーパートナーを通じて製品を販売、マーケティング、サポートを行っている。代理店契約を結んだラネクシーは、最新のテクノロジーを取り入れた海外メーカーのソリューションを日本市場に紹介し、その販売とサポートを中心に事業を展開してきた。両社が協業することで、それぞれのユーザーを始め、さらに新規開拓のユーザーに対して、幅広く質の高いバックアップソリューションを提供していくことが可能となる。

 ActiveImage Protectorは、Windowsを停止せずにハードディスク内のOS、設定、アプリケーションやデータもまとめてイメージファイルとして、バックアップできるソリューション。WindowsとLinux環境で、プラットフォームにかかわらず幅広く使用できるだけでなく、ランサムウェアや災害復旧(DR)の廉価な対策ツールとしても注目されている。

最終更新:5/24(水) 10:23
BCN