ここから本文です

芳根京子、“呪い”にかかった表情の変化に注目! 『ここさけ』

5/24(水) 8:00配信

cinemacafe.net

2015年に大ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメの実写版『心が叫びたがってるんだ。』が、7月22日(土)より公開される。この度、本作の公開に先駆け、ヒロインの芳根京子ら旬な若手キャストが集結した場面写真とWEB限定特報が到着した。

【写真】『心が叫びたがってるんだ。』場面写真

高校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。一緒に任命されたのは、他人とおしゃべりが出来ない少女・成瀬順。彼女は幼い頃自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていた。そのほか、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース田崎大樹が選ばれた。実は拓実と菜月は元恋人で、2人は自然消滅し、そのまま気持ちを確認できずにいた。

担任の思惑で“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定。「ミュージカルは奇跡が起こる」という一言に興味を持った順が詩を書き、拓実が曲をつけることになる。順は拓実の優しさに好意を寄せるようになり、そのやりとりに菜月は自分の想いを諦め、2人を応援することに。そして、夢を追う順の姿に大樹は好意を寄せ始める。目の前の人に好きと言えず、すれ違う4人。そして舞台当日、「やっぱり歌えない」と順は消えてしまい、拓実は順を探しに行く。しかし、舞台は主役不在のまま幕を開け… 。

本作は、2013年公開の劇場版アニメ『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を手掛けた監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀のチームが再集結して製作された、通称“ここさけ”で知られる劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』の実写版。主演の「Sexy Zone」中島健人が坂上拓実役、ある出来事が原因で喋ると腹痛に襲われてしまうヒロイン・成瀬順役を芳根さんが演じるほか、石井杏奈、寛一郎らいま最も旬な俳優、さらに荒川良々、大塚寧々ら実力派キャストも出演している。

そしてこのほど公開された場面写真は、「地域ふれあい交流会」の実行委員になった順が、クラスメイトの前でミュージカルの主役に手を挙げて立候補するシーンが切り取られたもの。歌なら自分の気持ちを伝えられるかもしれないと気づいた順が、大きな一歩を踏み出した瞬間であり、そんな順の姿は、拓実、菜月(石井杏奈)、大樹 (寛一郎)、そしてミュージカルに乗り気でないクラスメイトをも変えることになるのだ。

また同時に解禁された特報では、順の幼い頃の出来事からスタート。とてもおしゃべりだった順は、明るく元気に走る姿に続き、母親におしゃべりを止められる姿が映し出されている。自分の一言で家族がバラバラになってしまう場面だ。それ以来、話すことができなくなってしまった順。うつむきがちだった順だが、次第に表情がだんだんと明るくなり、笑顔を取り戻していく姿も映し出され、それぞれ伝えられない想いを胸に抱えた4人の中で、やがて何かが変わりだす…そんな変化が伝わってくる映像となっている。


『心が叫びたがってるんだ。』は7月22日(土)より全国にて公開。

最終更新:5/24(水) 8:00
cinemacafe.net