ここから本文です

函館イカ、小樽ウニ、400円の限定品丼も 高崎で北海道展 /群馬

5/24(水) 8:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 北海道の物産を集めた「初夏の大北海道展」が5月24日から、高崎タカシマヤ(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)で始まる。(高崎前橋経済新聞)

【写真】幻の豚と言われる「白老ポトロ豚」を使った豚丼弁当

 海山の幸がそろう北海道の物産展は百貨店の企画の中でも人気がある。高崎タカシマヤも同様で、心待ちにしている人も多い。今回は初登場5店を含む45店が出店する。

 イートインは「らーめん旭」(函館市)「函館イカワンタン麺(1,100円)」、「おたる巽鮨」(小樽市)「小樽にぎり(3,780円)」「うにいくら丼(3,780円)」。このほか実演販売の「いっぴん」(帯広市)「ポロト豚丼弁当」、「焼肉れすとらん伽羅」(北斗市)「道産牛食べ比べ弁当(1,944円)」などが楽しめる。

 開催時間は10時~19時(土日は19時30分、最終日は17時)。5月30日まで。28日までの5日間、開業40周年を記念し、「海鮮四点ちらし」「ミニステーキ丼」などを400円で販売する。5種各50個限定。9時50分から同店西口玄関で整理券を配付する。

みんなの経済新聞ネットワーク