ここから本文です

デルタ航空、台湾撤退 最終便が桃園空港飛び立つ

5/24(水) 16:15配信

中央社フォーカス台湾

(台北 24日 中央社)米デルタ航空の台湾発最終便が24日、東京(成田)に向けて台湾桃園国際空港を出発した。機長と副操縦士は滑走路へ向かう前、特別に操縦士の窓を開けて地上職員に手を振り、台湾市場に別れを告げた。

同社の台北-東京線は旧ノースウエスト航空の時代から半世紀以上にわたり運航されてきた路線。同社は台湾路線に最も早く進出した米航空会社とされている。

この日、搭乗ロビーでは別れを惜しむかのように乗客と職員が抱き合う姿も見られた。また、乗客には記念品がプレゼントされた。

(邱俊欽/編集:名切千絵)