ここから本文です

バー経営者転身の山本裕典 芸能界に未練も復帰は絶望的

5/24(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 電撃解雇から2カ月、元俳優の山本裕典(29)の現在が明らかになった。23日発売の「女性自身」が直撃、現在はバーの経営に本格的に参画し、取締役に就任していると自身の口で語っている。

「実際に今も飲食店を何店舗か経営していて、それは事実です。事務所には言ってませんでした。悪いことだとは思っていなかったので」と答えた山本。当時は名前貸しのみだったが、今は取締役として収入を得ており、経営は順調。店舗拡大も計画中だが、「(芸能界に対して)人前に立つのは好きなので、いつでも戻れる準備はとも思うんですが」と芸能界復帰もやぶさかではない様子だ。

 山本といえば、第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリで芸能界デビュー。イケメンドラマの常連だったが、今年1月に地下アイドルのお持ち帰りを写真誌に報じられたほか、女性関係トラブルは後を絶たず。無断でバーを経営していたことが決定打となり解雇に至った。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「山本は事務所の力で恵まれた芸能活動をしていただけで、何をやっても許されると勘違いしていたのでしょう。所属していた事務所の社長は郷ひろみさんら有名タレントを手がけた実績のある方。その社長自らコメントを出して解雇に至ったとなると、他の芸能事務所がマネジメントを引き受けるとは思えません」

 山本は「クビ」をライトに捉えているようだが、このまま水商売を続けるならホスト転身も時間の問題だ。