ここから本文です

日本市場は買い先行、買い戻し一巡後の動きに注目

5/24(水) 8:10配信

ZUU online

今日から涼しくなるということですが、昨日もとても暑い一日でした。逆に株式市場は「閑散小動き」という状況であり、日中には方向感のない展開が続いています。そもそも日本の株式市場は目先の値動きに連れて一斉に動くということが多いのですから、先物の仕掛け的な売り買いや日経平均連動型のETF(上場投資信託)などに振り回されているだけということでしょう。

相変わらず「空売り」が多く、昨日は空売りの多い銘柄がしっかりと上昇しているという感じもありました。特に食品株などの中には半年以上も空売りが多く、「逆日歩」がついている状態が続いている銘柄なども見られ、本当に異常な状況となっています。逆日歩がついていても平気で売っている、慌てていないということは現物で買って株主優待などを得て、信用取引で売って利益を確保しているということなのかもしれませんが、異常な状況が正常となるのか
一気にこれまでの正常といわれる状況に戻るのかそろそろ動きが出ると思います。セルインメイにつながらなければいいと思います。

米国株が高く、為替も円安で夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が買われていたことから、本日の日本市場は買い先行となりそうです。外国人が引き続き買い越しと伝えられれば堅調な地合いも続きそうです。ただ、積極的に買い上がるにはさらに円安が進むというような材料が必要になりそうです。19,700円水準を抜けて手仕舞い売りに押されることになるかどうかが注目です。

19,700円水準を抜けてきそうな雰囲気ですが、買い戻しを急ぐ動きがみられるかどうかということになりそうです。積極的に買い上がるような水準でもなく、世界的にテロへの懸念や米国のロシア疑惑などが残るなかではさすがに一気に2万円を目指すということもなさそうで、上値が重くなったところからは動きがなくなりそうです。引き続き中心は19700円水準を挟んでの動きということなのではないかと思います。

■本日の投資戦略

昨日は冴えない展開になりましたが売り急ぐようなこともなく、値持ちがいいという感じでした。夜間取引やシカゴ市場の日経平均が高いことから買い先行となりそうですが、積極的に買い上がるような材料もなく、買い戻し一巡後の動きに注目です。

昨日も大きく上昇している銘柄を見ると空売りが多い銘柄が目立ちます。特に「逆日歩」がついていてもさらに上昇しているような銘柄が買われているという感じです。空売りが異常に多いことが相場全体を下支えているという感じで、大きく下がることがないから逆に買われないということで日中の値動きがないということなのでしょう。本日も特に日中に大きな動きがみられるということもないのかもしれません。ただ、空売りの多さからいえば一気に買い戻しが入って急騰ということもありそうですし、いったん下がり始めると売り方の回転が効いて下値を試すということもあるかもしれません。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:5/24(水) 8:10
ZUU online