ここから本文です

今度は「拷問禁止委員会」 慰安婦問題で日本に「勧告」が続くのはなぜ?

5/24(水) 18:00配信

THE PAGE

 慰安婦問題に関して「拷問禁止委員会」が出した勧告が波紋を広げています。日韓合意を見直すべきだとする内容で、日本政府は22日に反論文書を提出しました。慰安婦問題をめぐっては、過去にもいろいろな国際的な委員会から勧告が出されています。なぜこのような勧告が続くのか。その位置付けは。日本はどう対応するべきか。元外交官の美根慶樹氏に寄稿してもらいました。

【写真】「慰安婦」再交渉、北朝鮮に融和的……韓国新大統領誕生で日韓関係難しく?

国連の「機関」は人権理事会のみ

 「拷問禁止委員会」は5月12日、2015年12月の慰安婦問題に関する日韓合意について「見直すべきだ」とする勧告を含む「最終見解」を公表しました。

 拷問禁止委員会とは、1984年に国連総会で採択された「拷問禁止条約」に基づいて設置された委員会で、慰安婦問題を審議する「場」の一つです。専門家によって構成されます。

 この他、国連人権理事会、国際労働機関(ILO)、女子差別撤廃条約(に基づく委員会)、国際人権規約「自由権委員会」「社会権委員会」、人種差別撤廃委員会などでも慰安婦問題が取り上げられており、全体の状況は非常に複雑ですが、いずれの「場」でもほぼ定期的に審議の結果が公表され、関係国に対して「勧告」が行われます。これには法的拘束力はありませんが、無視したりすると次回の会議ではもっと厳しい「勧告」が行われる恐れがあり、強い力があります。

 このうち、国連の機関は人権理事会だけです。女子差別撤廃委員会や拷問禁止委員会などの会議は国連から独立した存在ですが、通常国連の施設を借りて行われるので、外見上国連の委員会と区別がつきません。そのためか、報道では「国連の拷問禁止委員会」、さらには「国連拷問禁止委員会」などと呼ばれることがありますが、これは正確な呼称ではありません。

 同じ慰安婦問題なら、一つの委員会でまとめて扱えばいいのではないかという考えがあるかもしれませんが、切り口がそれぞれ違っており、国連人権理事会は人権問題一般、国際労働機関は各国の労働問題(その中に「強制労働」が含まれ、さらにその中で慰安婦問題が扱われます)、女子差別撤廃条約は文字通り女性に対する差別の撤廃、拷問禁止条約は女性に限らず人に対する劣悪な待遇の撤廃を扱うので、一緒にされないのです。

1/3ページ

最終更新:5/30(火) 6:05
THE PAGE