ここから本文です

【夏休み2017】合宿型サイエンスプログラム、女子中高生夏の学校8/5-7

5/24(水) 18:15配信

リセマム

 国立女性教育会館は、2泊3日の合宿で行う体験型サイエンスプログラム「女子中高生夏の学校2017」を8月5日~7日に開催する。会場は埼玉県比企郡の国立女性教育会館。対象は中学3年生~高校3年生の女子とその保護者・教員。6月20日まで申込みを受け付ける。

プログラム内容の一例

 「女子中高生夏の学校2017」は、女子中高生に科学技術にふれ、科学技術の世界で生き生きと活躍する女性たちとつながり、科学技術に関心のある仲間や先輩とともに将来を考える機会を提供する企画。合宿期間中に女子中高生が科学研究者・技術者、大学生・大学院生などとの交流を通して、理系進路の魅力を知り、再確認し、理系進学の意思を高めることを目的としている。

 プログラムでは、科学研究者や技術者、大学生や大学院生などによるキャリア講演や、学生企画のクイズラリー、実験、国際交流、座談会、キャリアプランニングなど、さまざまな企画が用意されている。3日間を通して科学・技術への理解を深めながら、自分自身の将来について考えるきっかけを得ることができる内容となっている。

 また、女子中高生の進路選択の身近な支援者である保護者や教員向けのプログラムも用意。まだまだ理系女性が少ないというイメージが強い日本において、理系進学をサポートするうえでの考え方や知識、現状に関する情報提供などを行う。

 定員は、科学・技術の分野に関心のある中学3年生~高校3年生と高等専門学校1年生~3年生、中等教育学校などの相当する学年の女子100名。保護者・教員は50名。6月20日午後5時までWebサイトで申込みを受け付ける。なお、応募者多数の場合は書類選考により参加者を決定するが、初めて参加する者が優先される。参加申込みは1校につき2名までで、各学校で調整が必要。

◆女子中高生夏の学校2017~科学・技術・人との出会い~
日程:2017年8月5日(土)~7日(月)
会場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)
対象:科学・技術の分野に関心のある女子中高生および進路選択について考えている女子中高生(中学3年生~高校3年生、高等専門学校1年生~3年生、中等教育学校などは相当する学年)、保護者・教員
定員:女子中高生100名、保護者・教員50名
※保護者は女子中高生と一緒の場合のみ参加可能、教員は生徒の引率がない場合でも参加可
参加費:無料(別途宿泊費および食費として8,100円)
申込方法:国立女性教育会館Webサイトの申込みフォームから申し込む
応募締切:2017年6月20日(火)17:00(応募者多数の場合は書類選考、初参加優先)

《リセマム 畑山望》

最終更新:5/24(水) 18:15
リセマム