ここから本文です

なぜか苦手…日本ハム地方球場5連敗 栗山監督、思い出の地で完封負け

5/24(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 「西武2-0日本ハム」(23日、上毛新聞敷島球場)

 苦手の地方球場で日本ハム打線が沈黙した。得点圏に6度も走者を進めながら、9残塁で今季4度目の完封負け。栗山監督は「0点じゃ勝てないんでね。(得点の)形を作ってあとは選手を信じていくしかないんで。こういう試合を取っていかないと。前に進まない」と厳しい表情で振り返った。

 あと一本が出なかった。二回1死二、三塁の好機で無得点。八回は杉谷、近藤の連打で無死一、二塁としたが、中田が捕邪飛。レアードは遊ゴロ併殺で無得点。中田は「(先発)加藤に対しては申し訳ない。点を取ってあげられなかった」と、7回2失点と好投しながら勝ち星が付かなかった左腕に謝った。

 今季は静岡、北九州、秋田、盛岡に続き前橋と地方球場で5連敗。栗山監督はキャスター時代、高校野球の取材で訪れて以来、7年ぶりの前橋を懐かしんだが勝てず、試合後はご立腹。「地方球場で勝ちます。肝に銘じます」と、次戦25日・大宮での苦手払しょくを誓った。

スポーツナビ 野球情報