ここから本文です

「チーム一丸で結果」 バレーU―23女子アジア初制覇 山内MVP

5/24(水) 11:15配信

琉球新報

 バレーボールの第2回アジアU―23女子選手権大会最終日が21日、タイのナコンラチャシマであり、全日本女子チームは決勝戦でタイに2セットを失ってからの3―2で逆転勝利し、アジア初制覇を果たした。U―23女子日本代表として出場した糸満市出身の山内美咲主将(兼城中―西原高―東海大―NEC)が世界の舞台で活躍し、個人賞でMVPを受けた。



 日本は9月10日から17日までスロベニアで開催される2017年U―23世界選手権大会の出場権を獲得した。同カテゴリーで主将を務める山内は「うれしい。やっとメダルを獲得できた。チーム一丸で頑張って結果につながった」と喜びをにじませた。

 アウェーで行われた決勝で日本は守りに入り2セットを落とした。後がなくなった第3セット。「攻める気持ちを忘れずに立て直そう」と、サーブで攻め、前半から勢いを付けた。「アウェーの空気も自分たちの応援に聞こえるくらい、集中して取り組んでいた」。山内のスパイクやブロックで一気に点差を広げて第3セットを奪い、第4セットも取ってフルセットに持ち込むと、最終第5セットも最後に山内が連続得点を挙げ、熱戦を制した。

 大会直前に合流した急造チームで、メンバーのコンディションもバラバラだった。予選ラウンドから日替わりでヒロインが出るなど、チーム全員で勝ち上がり、集大成の決勝戦で苦しい場面を乗り越えた。

 アジアの頂点に立った22歳は「まだまだ目指しているところには達していない。完成度を高めて世界で戦えるように準備していきたい」とかぶとの緒を締め直す。全てにおいて精度を高めることを課題とし、各所属チームでの強化を誓い、「世界でもメダルを獲得できるように」と腕をまくった。(崎原有希)

琉球新報社

最終更新:5/24(水) 11:24
琉球新報