ここから本文です

「Galaxy S8」の虹彩認証、「写真でだませた」と独ハッキンググループ

5/24(水) 10:43配信

ITmedia NEWS

 ドイツのハッキンググループ「Chaos Computer Club」(CCC)は5月22日(現地時間)、韓国Samsung Electronicsの最新フラッグシップ端末「Galaxy S8」に搭載された虹彩認証を、印刷した写真でだませたと発表した。

【その他の画像】コンタクトレンズでカーブをつける

 デジタルカメラで撮影した顔の写真から目の部分を拡大し、Samsungの高解像度プリンタで印刷したものに、カーブをつけるために普通のコンタクトレンズを載せ、あらかじめその目の持ち主の虹彩を登録してあるGalaxy S8のカメラに向けたところ、ロックが解除された様子を動画で公開した。

 Galaxy S8については4月、顔認証によるホーム画面起動が顔写真でも可能であると報じられた。顔認証では決済アプリの認証はできないが、虹彩認証は「Samsung Pay」でも使われている。CCCは「認証には生体データよりも伝統的なPINコードを使う方が安全だ」としている。

 CCCは2013年には米Appleの「iPhone 5s」の指紋認証を破ったことで知られる。動画はこちらで視聴できる。

最終更新:5/24(水) 10:43
ITmedia NEWS