ここから本文です

<サッカーU-20 W杯>イ・スンウ、世界からのスカウトについて「バルサで幸せ。メッシのような選手になる」

5/24(水) 13:50配信

WoW!Korea

「スカウトへの関心? バルサで幸せだ。メッシのような選手になる」。

 シン・テヨン監督率いる男子サッカー韓国U-20代表は23日午後、全州ワールドカップ競技場でおこなわれたFIFA U-20ワールドカップ韓国2017組別予選A組第2戦で、イ・スンウ(19、バルセロナユース)の先制ゴールとペク・スンホ(20、バルセロナ・フベニル)の追加点により、アルゼンチンを2-1で下した。韓国はギニア戦での完勝に続く勝利で勝ち点6を記録、残るイングランド戦の結果に関係なく、組2位以上が確定しながらベスト16進出を決めた。

イ・スンウの紹介と写真

 韓国は24日午前、全州ワールドカップ競技場補助球場で約1時間の練習をおこない、イングランド戦に備えた。代表チームは午後2時に26日のイングランド戦をおこなう水原(スウォン)に移動する。

 “英雄”イ・スンウの表情は明るかった。彼は2試合連続のゴールを決め、ベスト16行きの立役者となった。特に、アルゼンチン戦で、40メートル疾走後にシュートを放ったのはリオネル・メッシ(29、バルセロナ)を連想させるに十分だった。

 イ・スンウは「南米最高のチームを相手に組別リーグを通過する決め手となったのはとてもうれしい」と微笑んだ。

 また、世界のスカウトの関心を一身に受けるイ・スンウは「スカウトに関しては気にしていない」とし、「契約期間が残るバルサ(FCバルセロナ)で幸せだ。サッカーが好き。毎試合、楽しみたい」と述べた。

 “韓国のメッシ”と呼ばれることについては「メッシと比較してもらえることが幸せ。メッシは世界で一人だけだ。メッシになることは不可能だが、メッシのような選手になるために努力する」と語った。

最終更新:5/24(水) 13:50
WoW!Korea