ここから本文です

ZF、中国上海市の同済大学との協力関係を強化

5/24(水) 21:45配信

レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは5月22日、中国上海市の同済大学との協力関係を強化すると発表した。

同済大学は1907年、ドイツ人によって設立された医学校が前身。1927年に国立大学となり、現在では理工系を中心に、中国有数の総合大学として認知されている。

ZFは今回、同済大学との協力関係を強化すると発表。同大学が取り組む自動車シャシー技術およびダイナミクスの研究開発のための資金提供を、向こう5年間延長するのが柱となる。

ZFの中国における売上高は2016年、約60億ユーロに到達。これは、グループの全売上高の5分の1を占める。ドイツと米国に次いで、中国はZFにとって3番目に大きな市場であり、同社は1万3700名の従業員を雇用している。

ZFのJurgenHoleksa取締役は、「市場は、とくに将来のモビリティ動向の中で、非常にダイナミック。このような理由から、研究と産業の交流はこれまで以上に重要」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/24(水) 21:45
レスポンス