ここから本文です

「Japan Expo」仏で日本アニメ100周年企画開催、名誉顧問に丸山正雄

5/24(水) 17:00配信

映画ナタリー

「Japan Expo 2017」のプレス発表会が、本日5月24日に東京・国立新美術館で行われ、共同創立者のトマ・シルデ、アニメーションプロデューサーの丸山正雄らが登壇した。

【写真】トマ・シルデ(他7枚)

「Japan Expo 2017」は毎年フランスで開催される日本文化の多様性を発信するイベント。マンガ、アニメ、ゲームなどのポップカルチャーを始め、伝統芸能、和食、文学など幅広いジャンルの日本文化を紹介している。シルデは「日本のアニメと出会ったことで、原点となるマンガや、主人公たちの食事など異なる文化をより知りたくなった」と日本文化を好きになったきっかけを語る。

18回目の開催となる今年の目玉企画は、日本アニメーション100周年を記念した「アニメ100」。日本最古のアニメーション「なまくら刀」が制作された1917年から、1999年までのアニメーション80作品と、一般投票から選ばれた2000年から2016年の20作品が上映される。神山健治や友永和秀、羽原信義らがゲスト出演する予定だ。また「ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち」や「桃太郎 海の神兵」などフランス未公開のアニメの上映も。さらに600平米に及ぶ展示会やグッズ販売も予定されている。

「アニメ100」企画の名誉顧問を務めるのは、1960年代の日本アニメーション黎明期から活躍する丸山正雄。丸山は「まだ“アニメ”という言葉ができる前からこの業界にいる。手塚さんの『鉄腕アトム』の頃からいる残党です」と自虐的に自己紹介する。そして「おそらく年功序列で名誉顧問に選ばれたんだろう」と話し笑いを誘った。発表会には「ポケットモンスター」のピカチュウと「チーズスイートホーム」に登場するこねこのチーも応援に駆けつけ、会場を盛り上げる。

そのほか7月15日に日本公開を控える「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のワールドプレミアや、ヨーロッパ最大のコスプレイベント「ヨーロッパ・コスプレ・ギャザリング」などさまざまな催しが行われる「Japan Expo 2017」は、現地時間7月6日から9日にかけフランス・パリで開催。詳細は公式サイトで確認してほしい。

最終更新:5/24(水) 17:00
映画ナタリー