ここから本文です

【公演レポ】「CNBLUE」、「MONSTA X」、「GOT7」、「Apink」ら豪華アーティストが共演! 「KCON 2017 Japan×M COUNTDOWN」2日目

5/24(水) 22:07配信

WoW!Korea

世界最大級のK-Culture フェスティバル「KCON 2017 JAPAN」が5 月 19 日(金)、20 日(土)、21 日(日)の 3 日間、千葉・幕張メッセにて開催された。

【画像】「KCON 2017 Japan×M COUNTDOWN」2日目~その2

 ことしも豪華なアーティストたちの出演で、開催前から注目を集めていた「KCON 2017 JAPAN」。K-POP や K-BEAUTY、K-FASHION、K-FOOD、K-DRAMA、K-MOVIE など、“韓国”をテーマにその多様な文化(K-Culture)の全てを体験することができるコンベンション型フェスティバルとなっており、アーティストが登場するLIVE&トークショー、公開収録、ミニファンミーティングのみならず、美容、伝統工芸品作り、食を堪能できるフードコートなどもあり、盛りだくさんの内容となっている。

 5月20日(土)午後7時、暗転した会場に鳴り響く軽快なビートとともにDJ Justin Ohが登場。続いて、ヘッドフォンを首にかけたH-ONEこと「MONSTA X」のヒョンウォンがDJとしてステージに姿を現すと、会場からは黄色い歓声があがった。さらに「MONSTA X」のジュホンがラッパーとして登場し、3人のスペシャルコラボステージで「KCON 2017 Japan × M COUNTDOWN」が開幕した。

 「GOT7」、「Lovelyz」、「Apink」、「CLC」、「MONSTA X」、Babylon、Heize、TigerJK、Yoonmirae、「CNBLUE」の順に、出演者全員がステージに出揃い、「Let’s KCON! 」の掛け声でライブステージがスタート。

 まずは、可憐な少女から大人の女性へと変身を遂げた「CLC」。今までの「CLC」の雰囲気をガラッと変えた「Hobgoblin」とキュートな振り付けが特徴の「チャミスマ」の2曲を披露した。ユジンが「お久しぶりでーす! 会いたかったでーす! 」とファンにあいさつ。スンヨンは「昨年はコンベンションステージだけでしたが、ことしはメインステージに立つことができてうれしいです。皆さんのおかげです」と、今日のステージを心待ちにしていた様子。

 続いては、KCON初出演のBabylon。「Block B」のZICOやCRUSHなど韓国のHIP-HOPアーティストたちの曲にフィーチャリングとして参加したことが話題となったR&Bシンガーだ。「初めまして。Babylonです。よろしくお願いします。今回のステージに出演できてうれしいです。これからも皆さんにいい歌を届けられるよう頑張ります」とあいさつした。心地よいメロディにラップをのせて「Ocean Drive」など全2曲を歌い上げた。

 ここでモニターのカメラが客席を映すと、客席と客席の間に「GOT7」ジニョンと「MONSTA X」のミニョクが登場。今回は共通点がある人同士がMCを務めるということで、それぞれのグループでダンス担当の2人が選ばれた。それぞれ得意なダンスを披露することになり、ミニョクは「KARA」の「ミスター」、ジニョンは「TWICE」の「TT」を踊った。照れくさそうに踊る2人の姿に、会場も大盛り上がり。

 そして、K-POPダンスの魅力を伝えるべく用意されたスペシャルステージでは9人組ダンスグループ「SF9」がサプライズで登場! 「INFINITE」の「Be Mine」、「EXO」の「Growl」、「防弾少年団」の「I NEED YOU」のダンスをメドレーで披露すると、会場の熱気も急上昇。テヤンは「KCONで僕たちのパフォーマンスをお見せすることができてとってもうれしいです! 」と、サプライズ出演を喜んだ。ダウォンの「次はHardじゃない。『Easy Love』です」とシャレを効かせた曲紹介で「Easy Love」を披露した。

 続く、「Lovelyz」が日本初披露となる「今、私たち」と「WoW! 」の2曲をかわいらしくパフォーマンス。スジョンが「日本の皆さん、楽しんでいますか~? 今回のステージに招待してくれてありがとうございます! またたくさん会いましょう! 約束~! 」と、また日本のファンとの再会を約束した。

 次にMCを務めたのは、おしゃべり担当兼ビジュアル担当の「MONSTA X」キヒョンとヒョンウォン。「この方たちをご紹介できるのはとてもうれしいです! 世界が認めたカリスマラッパーのパフォーマンスです! 」とヒョンウォンの紹介で姿を見せたのは、韓国のHIP-HOPシーンを牽引するTigerJKと韓国女性ラッパー憧れの的であるYoonmirae、そして日本を代表するラッパーZeebra。3人のハイレベルなラップが見事に掛け合い、会場も一気にクラブのような雰囲気に。
「EXO」チャンヨルやDEANなどとのコラボが話題となった実力派ラッパー Heizeが「あの星」を披露し、会場全体をHeizeワールドへと導いた。

 残り4組となり、次に登場したのは5月17日に日本デビューしたばかりの「MONSTA X」。力強いパフォーマンスで見る人を圧倒させるモンスターグループだ。メインステージとサブステージ全体を使いながら「Beautiful」、「君だけに執着する」、「HERO –Japanese ver.-」を披露。トークタイムには、ショヌが「5月17日に日本デビューしました~! 」とファンに報告すると、なぜかミニョクがメンバーの向かいに立って「おめでとうございます! 」とお祝いするなどメンバーの和気あいあいとした姿が垣間見られた。

 福袋コーナーでは、5つのお題が書かれた福袋の中から1つ選び、メンバーがチャレンジする特別企画が用意されていた。「PHOTO TIME」、「DANCE TIME」、「モノマネ」、「プロポーズ」、「腹筋公開」の5つの中から「MONSTA X」に課せられたお題は「DANCE TIME」。1曲目に「PPAP」の音楽が流れると、末っ子のI.Mが花道を歩きながら男らしいパフォーマンスで会場を沸かせた。2曲目は星野源の「恋」が流れると、メンバー全員で列になってオリジナルダンスを披露して盛り上げた。

 ガールズグループのトリを務めたのは「Apink」。2014年に日本デビューしている「Apink」は「日本での活動は3年目になりますが、私たちをまだ知らない人もいると思うので、今日の歌を聴いて覚えてください! 7月には日本でツアーもやるので来てくださいね~! 」と、アピールした。白い衣装を着た妖精のような6人は、時折ファンサービスを交えながら「Remember」や「LUV」など全3曲を歌い上げた。

 「Apink」 からバトンを受けた7人組ダンスグループ「GOT7」が「Never Ever」、「Hard Carry」、そして5月24日に日本で発売する4thシングル「MY SWAGGER」の3曲を披露。ベンベンが「お元気ですか? 本当に会いたかったです! 」と、久しぶりに会えたファンにあいさつした。ジニョンは「会場が熱い熱気に包まれていますね! 」と、会場の盛り上がりにうれしそうな笑顔を見せた。

 ここでも福袋タイムが用意され、「GOT7」のお題は「プロポーズ」。会場にいるファン1人にメンバーからの甘い言葉がプレゼントされた。「一緒に遊ぼう! よしよし(ユギョン)」、「たとえ君の中では1番でなくても僕の中で君は1番だ(ベンベン)」、そしてなんとジャクソンはステージを降りて、ファンの目の前まで行って直接バラを手渡すサプライズ! 感動したファンは号泣、会場も大盛り上がりとなった。

 最後にMCを務めたのは、5人組俳優グループ「5urprise」(サプライズ)のメンバーで注目の若手俳優イ・テファンと「Apink」のチョロン。歌も演技もできる多才多能な2人が、本日の大トリを飾るアーティスト「CNBLUE」を紹介した。

 ジョンヒョン、ミンヒョク、ジョンシンがステージに姿を現し、時間差でヨンファが登場。「Between Us」のイントロがかかると、会場のボルテージが一気に上昇し、大きな歓声があがった。「こんにちは! 『CNBLUE』です。たくさん来てくれてありがとうございます! 今日は番組ですけど、番組じゃなくてコンサートみたいなライブがやりたいです。準備はいいですか! 」と、ヨンファの煽りも完ぺき。その後も「You’re So Fine」、「Can’t stop」を歌い、ファンの掛け声と一緒に会場をひとつに。「KCON 2017 Japan × M COUNTDOWN」フィナーレにふさわしい迫力あるパフォーマンスとなった。

最終更新:5/24(水) 22:07
WoW!Korea