ここから本文です

【公演レポ】「SEVENTEEN」、「Block B」、「PENTAGON」 ら、イベントの最後を飾る豪華ステージ! 「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」3日目

5/24(水) 23:20配信

WoW!Korea

世界最大級のK-Culture フェスティバル「KCON 2017 JAPAN」が、千葉・幕張メッセ5 月 19 日(金)、20 日(土)、21 日(日)の 3 日間、開催された。

【画像】「KCON 2017 Japan×M COUNTDOWN」3日目~その2

 ことしも豪華なアーティストたちの出演で、開催前から注目を集めていた「KCON 2017 JAPAN」。K-POP や K-BEAUTY、K-FASHION、K-FOOD、K-DRAMA、K-MOVIE など、“韓国”テーマにその多様な文化(K-Culture)の全てを体験することができるコンベンション型フェスティバルとなっており、アーティストが登場するLIVE&トークショー、公開収録、ミニファンミーティングのみならず、美容、伝統工芸品作り、食を堪能できるフードコートなどもあり、盛りだくさんの内容となった。
コンベンションアーティストによるライブやトークショー、そして様々な展示ブースが繰り広げられたコンベンション会場では、朝から多くの人で賑わいを見せ、大盛況となった。

 「KCON 2017 JAPAN」の中でもメインイベントとなるのが、「M COUNTDOWN」と「KCON」がコラボレーションしたスペシャルライブ『KCON 2017 JAPAN × M COUNTDOWN』。最終日である21日(日)は、日本でも人気の高いアーティストたちが出演し、会場を埋め尽くしたファンたちを熱狂させた。

 オープニングにMCとして「SEVENTEEN」 Hiphop Teamがステージに姿を現わすと、会場は割れんばかりの歓声が響いた。エスクプスやウォヌは「みなさん叫べ! 」と会場を煽り、ミンギュが「それでは行きましょうか! 」と声をあげると、会場は「LETS KCON! 」と叫び開幕となった。

 ステージトップバッターを飾ったのは、高い歌唱力が魅力の実力派グループ「CODE-V」 。白を基調とした衣装を身にまとったメンバーたちが登場すると、「Spring Love」、「Addiction」を伸びやかな歌声で披露した。

 続いては「少年24」UNIT BLACKが白のスーツ姿で、センターステージに登場。「Steal Your Heart」「BOOM」とキレのあるダンスでファンたちを釘付けにした。

 次に登場した「宇宙少女」(WJSN)は、白と水色で揃えた衣装で「I Wish」を披露し、さわやかな魅力を放った。「会えてうれしいです」とメンバーたちの日本語も飛び交い、2曲目には「Secret」をキュートにパフォーマンス。

 次のステージはことし日本デビューを果たした10組ボーイズグループ「PENTAGON」。「Can You Feel It 」で力強いステージを見せた。1人ずつあいさつを済ませると、「特別なプレゼントを準備しました」と福袋のコーナーへ。スクリーンには、PHOT TIME、DANCE TIME、モノマネ、PROPOSE、腹筋公開の5つの袋が映し出され、その中から1つ選びファンたちにプレゼントすることに。選んだ袋の中から出てきたのは“DANCE TIME”。「ミュージックスタート! 」と声をあげると、昨年大流行したピコ太郎の「PPAP」が流れ出し、メンバーたちはノリノリで踊り、会場を沸かせた。「もう1曲いいですか? 」と次に流れたのは星野源の「恋」。日本人メンバーのユウトを先頭に、メンバーたちはセンターステージに飛び出し、“恋ダンス”を踊り、ファンを楽しませた。そしてラストは日本デビュー曲の「Gorilla( Japanese Ver.)」を披露。迫力のステージと楽しいコーナーで、終始盛り上がりを見せた。

 スペシャルステージとして登場したのは「SEVENTEEN」。デニムスタイルのメンバーたちは、大歓声で迎えられ、「BEAUTIFUL」をパフォーマンス。最後に「愛してるよ~」と言葉を残し、ファンたちを熱狂させた。

 ネクストステージでは白のさわやかな衣装の「GFRIEND」が、ダンスパフォーマンスで会場を盛り上げ、「FINGERTIP」を披露。昨年日本に来た際にいろんな言葉覚えたというメンバーたち。新しく覚えた日本語についてシンビは「“ドキドキ”です! 」と日本語を披露。日本のファンといろんな会話がしたいと伝え、ファンを喜ばせた。次の曲「Me gustas tu」、「Rough」ではハツラツとしたステージを届け、会場を沸かした。

 山吹色のスーツ姿で登場したK.willは1曲目から抜群の歌唱力で会場を圧倒。次のバラード曲「Growing」では、感性溢れる歌声に度々拍手が巻き起こり、観客はK.willの魅力に一気に引き込まれた。「Talk Love 」では、手拍子をしたりと、会場一体となった。

 続いてのスペシャルステージは、「PENTAGON」による「東方神起」の「Rising Sun」のカバーステージで、会場はますますヒートアップ。

 そして「Block B」の登場で、待ちわびていたファンたちは熱い反応を示す中「YESTERDAY」をパフォーマンス。1人ずつあいさつを済ませると、「ことしもKCONでたくさんの方にお会いできて、うれしいです。最後まで楽しんでください! 」と呼びかけた。次の曲「Toy」ではファンの掛け声もそろい、最後の「HER (Japanese Version) 」ではファンも一緒に歌ったりと、会場は熱気に包まれた。

 ステージラストを飾ったのは「SEVENTEEN」。ブラックを基調とした装いのメンバーたちがステージに姿を現わすと、一際大きな歓声が会場を包んだ。1曲目は「BOOMBOOM」をリミックスバージョンでパフォーマンス。

 1人ずつあいさつをし、ホシの「今何時? 」の声に「10時10分! (ファン)」と応えるお決まりの掛け合いもあり、盛り上がる会場。ジョンハンは「みなさんに会うことできて、すごくうれしいです。最後まで楽しんでください」と伝えた。そして福袋のコーナーでは、「福袋は何があるのかな? 」というドギョムの声に、メンバーたちは「ダンス! ダンス! 」と言い、「Go ディノ! Go ディノ! 」とコールが起こると、ディノが即興ダンスを披露しファンを喜ばせた。

 選んだ袋の中からは“PHOT TIME”が出され、メンバーたちはステージを移動しながら、ピースをしたり、ポーズをとったり、セクシーな表情をしたりと、ファンにフォトタイムをプレゼントした。

 「次の曲は、アジューーナイス! 」と叫ぶと「VERY NICE」が始まり、会場はますますヒートアップ。ラストは「MANSAE」を披露し、ファンも万歳で会場は一体となり、大歓声を浴びながらメンバーたちはステージを後にした。

 最後は出演アーティストがステージに大集結。ファンに手を振ったり、ハートを送ったりとコミュニケーションをとり、「また会いましょう! 」と約束をし、大盛況で幕を閉じた。

最終更新:5/24(水) 23:20
WoW!Korea