ここから本文です

福士蒼汰 初ドラマ出演時の思い出を語る

5/24(水) 14:13配信

デイリースポーツ

 福士蒼汰が、23日深夜放送の日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」(火曜深夜11・59)に出演。デビューして初めて出演したドラマでの初台詞について語っていた。

 福士は2011年、同局のドラマ「美咲ナンバーワン!!」に出演。初めてのドラマ出演だった福士は、新人ということもあり、1話につきセリフはひとつだけ。そのひとつだけのセリフをひたすら練習していたという。「初めてだし、タイミングも分からない。その人がとりあえず(台本の一つ前のセリフを)言ったら、俺が言うしかない」と無我夢中だったと振り返っていた。

 MCのフットボールアワー・後藤輝基から「最初から、この世界楽しい!頑張っていこう!って感じ?」と質問された福士。「最初は高校2年生とかだったので、こんなこと言ったらアレですけど、当時は何となく出てしまった時期ではあったので…」と振り返った。だがその福士の言葉の途中に、銀シャリ・橋本直が「そんなもんですよね」と知った風な口をきいたため、MCのヒロミから「わかったような口きくな!」とツッコまれていた。