ここから本文です

【日本ダービー】皐月賞馬アルアイン 2冠へラスト11・8秒で先着! 松山「すごい勝負根性を持っていて自在性もとても高い」

5/24(水) 21:20配信

東スポWeb

【日本ダービー(日曜=28日、東京芝2400メートル)出走馬24日最終追い切り:栗東】皐月賞を1分57秒8のレースレコードで制したアルアイン(写真左)はウッドで松山を背に同厩の4歳馬ジークカイザー(1600万下)と併せ馬。

 4ハロン標識からペースを上げて、道中は2馬身ほど追走。直線を向いても鞍上の手は動かなかったが、余力十分に僚馬に追い付き、ゴール直前でグイッと半馬身抜け出した(4ハロン52・8―37・7―11・8秒)。

 派手なアクションを必要としなかったのは、既に態勢が整っているからこそ。今回一番のカギとなる東京2400メートルの壁を突き破るべく、皐月賞馬は体内にエネルギーをたっぷりとため込み、静かな、そして完璧な最終追いを終えた。

 松山騎手「先週、今週と乗せてもらいましたが、確実にいい状態できていると思います。今朝も体全体をしっかり使っていい動きでしたし、落ち着きがあって良かったです。(距離克服については)やってみないと分からない面はあるけど、馬を信じて乗るだけ。前回は3、4コーナーの馬場の悪いところで一度下がりながら、そこから直線で盛り返してくれました。すごい勝負根性を持っています。自在性もとても高い。楽しみとプレッシャーと両方ありますが、皐月賞馬として自信を持って臨みたい」

最終更新:5/24(水) 21:20
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ