ここから本文です

小林麻央 病気になって感じた「父の深い愛情」

5/24(水) 16:21配信

デイリースポーツ

 がん闘病中の小林麻央(34)が24日に更新したブログで、病気になってから気付いた父親の「深い愛情」、父親への思いをつづった。

【写真】麻央「私が病気をして得たもの…」病室で涙の告白

 入院中の麻央のために、父親が色鮮やかな干菓子を買ってきてくれたことを写真とともに伝えた麻央。食べることはできないけれど、「見るだけでも明るい気持ちになって欲しかったのかな。。。」などと想像し、父親が選んでくれたお菓子を見つめながら、深い愛情を感じたという。

 小さいころから父親とは仲がよかったという麻央は、「子供が病気なのもつらいし。親が病気なのもつらいし。父がとても疲れて見えたので心配になりました。もしも父が病気になったりしたら、父親だし、私が家族に甘えるようには家族に甘えられないかもしれない。助けてって、父の性格が言わせてくれるだろうか。。。そう思うと、いつまでも元気でいて欲しいと願いました」と家族への思い、父への思いを改めてつづった。

 「病気になってから、父が、時々するどうしていいかわからなそうな態度に、気付けなかった深い愛情を感じます」ともつづった。

 そして、がんとの闘いについて「自分は、自分だけの性格の癌と闘わなければならない。そう思って、私はいつもいます。本当に自分の身体はオリジナル。」と強い決意を記している。