ここから本文です

西尾維新大辞展ビジュアルに戯言・<物語>・忘却探偵、東京&大阪で今夏開催

5/24(水) 20:07配信

コミックナタリー

西尾維新の展覧会「西尾維新大辞展」が、7月27日から8月7日まで東京・松屋銀座8Fイベントスクエアで、8月9日から8月21日まで大阪・大丸心斎橋店北館14Fイベントホールで、それぞれ開催される。

この発表に併せて、本展のキービジュアルも公開。「<物語>シリーズ」「忘却探偵シリーズ」の挿画を手がけるVOFANと、「戯言シリーズ」の挿画を手がける竹がイラストを描き下ろしている。

「掟上今日子の備忘録」「少女不十分」「零崎双識の人間試験」などコミカライズ作品も多く、また「めだかボックス」「症年症女」などマンガの原作も務める西尾。今回の「西尾維新大辞展」は数多くの西尾作品の中から、デビュー作の「クビキリサイクル」をはじめとした「戯言シリーズ」、初のアニメ化作品となった「<物語>シリーズ」、初の実写ドラマ化作品となった「忘却探偵シリーズ」の3タイトルを主軸にした展示が行われる。

1冊の辞典をイメージした会場には、西尾の書き下ろし小説や体験型の展示コーナー、西尾脚本のキャラクター音声ガイドなどを用意。そのほか描き下ろしイラストを使用した展覧会オリジナルグッズも販売される。展覧会の前売りチケットは販売中。

西尾維新大辞展
東京会場
会期:2017年7月27日(木)~8月7日(月)
会場:松屋銀座 8Fイベントスクエア

大阪会場
会期:2017年8月9日(水)~8月21日(月)
会場:大丸心斎橋店 北館14Fイベントホール