ここから本文です

「兄こま」土屋太鳳がイケメンに仲間入り、片寄涼太や千葉雄大と胸キュンセリフ対決

5/24(水) 20:32配信

映画ナタリー

「兄に愛されすぎて困ってます」の完成披露舞台挨拶が本日5月24日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、キャストの土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が登壇した。

【写真】タキシード姿で登場した土屋太鳳。(他50枚)

夜神里奈のマンガを河合勇人が実写化した本作は、告白12連敗中の女子高生・せとかに訪れたモテ期を描くラブコメディ。

“兄系イケメンズフェスティバル”と銘打ったこのイベントでは、せとか役の土屋もタキシード姿で登場した。土屋はその理由を、観客に向けて「皆さんにはせとかを観るのではなく、せとかとして映画の世界に生きて、お兄たちの愛を感じてほしい。つきましては、私も兄系イケメンを目指して皆さんに愛を届けたく、この姿を選びました!」と説明する。せとかの役割は女性ファンたちにバトンタッチすると宣言し、「どうかせとかのことをよろしくお願いします」と挨拶した。

それを受け、血のつながらないせとかの兄・はるか役の片寄も「全国にたくさんせとかが広がることを祈ってます」と話す。観客を見渡して「こんなにかわいい方ばっかり集まっちゃってどうしようって感じです。……冗談だよ!」と言い放ったセレブ系ののしり王子・芹川高嶺役の千葉は、土屋のタキシード姿を「抜群にカッコいい」と絶賛。草川も「ずるいですよね。かわいいところもあって、カッコいいところもあったら無敵じゃないですか!」と言うが、自身が靴ではなく草履を履いていたことから「サンダルでいいんですか? おしゃれすぎて困ってます」と片寄にいじられていた。

ここからは抽選で選ばれた観客5名をステージに上げ、“胸キュンセリフ選手権”を実施。それぞれ1名を相手に、劇中の甘いセリフを披露していくことに。千葉は「本当のキスはあんなもんじゃない。大事にとっとけよ」と、草川は「ほかの男の話やめて? 目の前に僕がいるんだから」と至近距離でファンにささやく。緊張気味で順番を迎えた杉野が、ファンをまっすぐ見つめて「せとか、がんばれ!!」と力を込めると、共演陣からは笑いが。片寄がファンに「このままばっくれよっか?」と言うと、千葉が「いやーもう、僕もばっくれたいっすわ(笑)」とコメントする。そして土屋はファンの頬に手を当て、高嶺のセリフ「お前のこと、本気で好きになってもいいか?」を低い声で披露。そのまま照れてファンに抱きついてしまい、片寄から「抱きついたらずるいでしょ!」とツッコまれていた。

最後に土屋が「スケジュール的にも厳しい撮影でしたが、完璧なお兄たちでした。これから皆様には理想的な恋愛をご覧いただきますが、最高のラブコメディであると同時に登場人物たちの成長物語でもあるので、そこにも注目していただきたいです」と話し、イベントを締めくくった。

「兄に愛されすぎて困ってます」は、6月30日より全国ロードショー。



(c)2017「兄こま」製作委員会 (c)夜神里奈/小学館

最終更新:5/24(水) 20:32
映画ナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ