ここから本文です

中日 ドラ2京田が4安打、二塁から暴投で勝ち越し生還「持ち味」の足とバットで貢献

5/24(水) 21:28配信

デイリースポーツ

 「DeNA2-4中日」(24日、横浜スタジアム)

 中日は2-2の六回1死二塁から、DeNAの先発・ウィーランドの暴投球がバックネットの下を転がる間に、走者・京田が俊足を生かし、三塁ベースを蹴ると迷わずホームを突き、勝ち越し点を挙げた。

 九回はビシエドが中越えに9号ソロ。

 三回は2死二塁から京田の右中間適時三塁打と好走塁で2点を先制。ドラフト2位新人の京田はこの日自身初の4打数4安打、足とバットで貢献した。

 先発・鈴木は6回4安打2失点で2勝目(2敗)を挙げた。

 京田はヒーローインタビューで、「鈴木が投げていたのでなんとか点が取れるように、先頭で打席に多く立つことも多く、出塁できて良かった。(走塁は)持ち味でもあるし、次の塁を狙う姿勢でいつもやっている。(二塁からの勝ち越し生還は)変化球が低めに多いので、準備はできていた。まだまだたくさんミスもあるが、しっかり反省して明日勝てるように頑張りたい」と語った。

 DeNAは0-2の三回、1死一、二塁から倉本のセーフティーバントの間に1点。四回は2死満塁からウィーランドが押し出し四球を選び同点。2-4の九回は2死一、二塁で筒香が投ゴロに倒れた。

 ウィーランドは8回6安打3失点で来日初黒星(3勝)を喫した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 11:20