ここから本文です

【MLB】J.レスターが1失点完投、今季最多の10Kでジャイアンツ打線を翻弄

5/24(水) 16:06配信

ISM

 シカゴ・カブスは現地23日、地元でサンフランシスコ・ジャイアンツと対戦し、4対1で勝利した。先発ジョン・レスター投手が9回を4安打1失点で完投して今季3勝目(2敗)を挙げた。

 雨でプレーボールが1時間近く遅れたこの試合だが、レスターには影響なし。初回を3者連続三振と最高の滑り出しで始めると、4安打、無四球、今季最多の10奪三振。33歳のレスターはジャイアンツ打線を1得点に沈黙させ、「今や完投すること自体が難しい。自分で試合を締めくくれることにいつも幸福感を感じるよ」と喜んでいた。

 この日はジャイアンツも先発にジョニー・クエト投手を立ててきたが、カブス打線はカイル・シュワバー外野手、ジェーソン・ヘイワード外野手、アンソニー・リゾ一塁手がそれぞれホームランを放つ一発攻勢で4回までに4点をリード。これにはジョー・マッドン監督も「クエトのような好投手から3ホーマーとはね、とても印象的だった」と振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:5/24(水) 16:06
ISM