ここから本文です

永瀬正敏、カンヌで号泣「あんなに温かい拍手は初めて」

5/25(木) 7:02配信

スポーツ報知

 「第70回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品されている河瀬直美監督(47)の「光」(27日公開)が23日(日本時間24日)に公式上映され、主演の永瀬正敏(50)らが登壇した。

 上映後、観客約2000人から10分間のスタンディングオベーションで絶賛され、永瀬は「言葉にならない。(エンドロール後)格好良く立ち上がろうと思っていたんですけど、ダメでした。あんなに温かい拍手は初めて」と号泣。河瀬監督も「(観客らと)一体感を持てた時の喜びは、かけがえがないものだと感じてます」と涙を流した。

 視力を失いゆくカメラマン(永瀬)と映画の音声ガイド制作者(水崎綾女)の恋愛を描く同作。コンペ部門の授賞結果は28日夜(同29日未明)に発表される。

最終更新:5/25(木) 7:02
スポーツ報知