ここから本文です

【JASRAC賞】中島みゆき「糸」発売25年で初の金賞 著作権使用料分配額1位

5/24(水) 15:00配信

オリコン

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は24日、東京・けやきホールで演奏や放送、CD、ネット配信、カラオケなどの音楽著作物使用料の分配額上位の著作者らを顕彰する『2017年JASRAC賞』を発表し、贈呈式を開催した。2016年度の分配額1位の国内作品に贈られる「金賞」は、中島みゆきが作詞・作曲を手がけた「糸」が受賞。昨年は「銅賞」だった同曲が、1992年の作品発表から25年、ついに金賞を獲得した。

【画像】中島みゆきの喜びのコメント

 「糸」はもともと、1992年10月に発表された中島みゆきのアルバム『EAST ASIA』収録曲で、ドラマ主題歌に起用された98年2月にシングル化。ヤマハによると、これまでに100人を超すアーティストにもカバーされるなどして時代を超えて歌い継がれ、カラオケ部門1位、演奏部門1位、インタラクティブ配信部門8位、ウエディングソングの定番としても結婚披露宴やCMなど幅広い分野で使用された。

 中島は音声コメントを寄せ「金賞をいただけるということになりましてありがとうございます。昔から私は1番とか金賞とかに縁のないタイプでして、しかも、今回の曲はというとまた、大変地味な曲ですので、なんだか不思議な気がしております。カラオケで歌ってくださる方がたくさんおいでだったとのことで、とてもありがたいことと感謝しております」とファンにメッセージを送った。

 銀賞はDVD付きマガジンの大ヒットを受けて「名探偵コナンBGM」が、銅賞は発売30周年を迎えた人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのCMなどで利用された「ドラゴンクエスト序曲」が受賞した。

 JASRACはベスト10のラインナップに「カラオケで人気の楽曲(1・5・6・8位)が半数近くを占めた。昨年金賞の『R.Y.U.S.E.I.』(4位)、アニメ楽曲(2・7・9位)、CM利用曲(3・10位)と幅広いジャンルの楽曲がランクインした」と総括。いではく会長は「比較的長く使われているものが、今年の賞に選ばれているのが特徴」とコメントした。

 海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品に贈られる国際賞には、フランスで特に人気の高いアニメ作品の「FAIRYTAIL BGM」が輝いた。作曲者の高梨康治氏は2013・14年の「NARUTO -ナルト-疾風伝BGM」以来、3年ぶりの受賞。外国作品の分配額1位作品に贈られる外国作品賞はセブン-イレブンのCMなどで使用されている「DAYDREAM BELIEVER」が受賞した。

 なお、2016年度の使用料等徴収額は、サブスクリプションサービスに対する利用許諾契約の促進や動画投稿(共有)サイトの好調な推移などが寄与し、1118億2103万円(前年度比100.1%=1億5000万円増)。委託者への分配額は1124億7608万円(前年比100.8%=8億8000万円増)で、2008年度に次ぎ過去2番目に多く、放送の過年度分使用料を除くと最高額となったことを報告した。

■『2017年JASRAC賞』 国内作品分配額TOP10
順位 「作品名」(作詞者/作曲者/音楽出版者)
金賞 「糸」(中島みゆき/中島みゆき/ヤマハミュージックパブリッシング)
銀賞 「名探偵コナンBGM」(-/大野克夫/読売テレビエンタープライズ)
銅賞 「ドラゴンクエスト序曲」(-/すぎやまこういち/スギヤマ工房)
4位 「R.Y.U.S.E.I.」(STY/STY、Maozon/エイベックス・ミュージック・パブリッシング)
5位 「ひまわりの約束」(秦基博/秦基博/テレビ朝日ミュージック)
6位 「365日の紙飛行機」(秋元康/角野寿和、青葉紘季/NHK出版)
7位 「おそ松さんBGM」(-/橋本由香利/テレビ東京ミュージック)
8位 「トリセツ」(Kana Nishino/DJ Mass、Shoko Mochiyama、etsuco/日本テレビ音楽)
9位 「ルパン三世のテーマ’78」(-/大野雄二/日本テレビ音楽)
10位 「歩いて帰ろう」(斉藤和義/斉藤和義/フジパシフィックミュージック)

最終更新:5/24(水) 17:27
オリコン