ここから本文です

リオ五輪銅メダリスト瀬戸大也選手、23歳誕生日に飛び込み馬淵優佳選手と結婚

5/24(水) 17:03配信

オリコン

 リオ五輪・競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也選手(23)が24日、自身のツイッターで飛び込みの馬淵優佳選手(22)と結婚したことを発表した。きょう5月24日は瀬戸選手の23回目の誕生日。

【写真】肉体美を披露した瀬戸大也選手

 瀬戸選手は馬淵選手と婚姻届をもった2ショット写真とともに「本日5月24日に飛び込み選手の馬淵優佳さんと入籍致しました」と報告。「これからより一層気合を入れてまずは夏に行われる世界水泳、そして2020年東京五輪で最高の結果を残せるよう励んでいきます」と決意を新たにし、「まだまだ未熟な2人ですがこれからも変わらぬご声援をよろしくお願い致します」と呼びかけた。

 馬淵選手も同日、自身のツイッターで「本日5月24日に競泳の瀬戸大也さんと入籍させて頂きました。これからはお互いに励まし合いながら頑張ります。まだまだ未熟な私達ですが、これからもよろしくお願い致します」と報告した。

 瀬戸選手は幼少期から有望水泳選手として活躍し、2013年の世界水泳選手権の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得。リオ五輪では400メートル個人メドレーで萩野公介選手が金メダルを獲得し、60年ぶりとなる競泳でのダブル表彰台が実現した。今年3月に早稲田大学を卒業し、全日本空輸と所属契約を結んだ。

 馬淵選手は飛び込み選手として世界選手権などに出場。美人アスリートとして注目され、テレビ番組にも出演している。

最終更新:5/25(木) 17:30
オリコン