ここから本文です

アメコミヒーローも自撮りする時代に 『スパイダーマン:ホームカミング』新予告

5/24(水) 22:38配信

オリコン

 スパイダーマン映画新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)の最新予告映像が解禁され、新スパイダーマン(トム・ホランド)がヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)で隠された衝撃映像が挿入されており、マーベルファンの楽しみがまた一つ増えることとなった。

【動画】映画『スパイダーマン:ホームカミング』新予告編

 スパイダーマンとアイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)が競演することでも話題の本作。一人前のヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘が描かれる。

 新予告では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、人類の平和を守るはずの最強チーム、アベンジャーズが<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に分かれ、禁断の戦い(空港での大げんか)を繰り広げている様子を、スパイダーマンによる<自撮り&実況>という形で伝え、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への本格参戦をアピール。

 物陰から禁断の戦いを撮影していたスパイダーマンは、興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ! アイアンマンもいる! あれは誰だ?」と実況し、その姿はヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子も自撮り! さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捕えられ、戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められている。

 戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーター・パーカーに、トニー・スターク(=アイアンマン)の運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が注意するやりとりもほほえましい。

 さらに、マイケル・キートン演じる敵バルチャーの最新映像も収められている。男はあることがきっかけでアイアンマンらに恨みを持ち、「復讐してやる」と誓う。アベンジャーズにより多くの命が救われた一方で、人生を変えられた男は「世界は変わった、我々も変わる」と謎の羽のついた飛行装置を身にまとい、ニューヨークの空を飛び回るバルチャーとして復讐の鬼と化す。

 そんな強敵の出現にピーターは憧れのスタークに認められるヒーローになるチャンスとばかりに、襲われたフェリーを救おうとするが一転大ピンチに。アイアンマンが助けけてくれたものの、「調子に乗るな。責任を取れるのか? 失望したよ」とヒーロー失格の烙印を押されてしまう。理想と現実のギャップに悩む姿はまさに思春期の少年。一方で計画を邪魔され、新たな計画を企てるバルチャーはスパイダーマンにも怒りの矛先を向ける。そんなバルチャーの野望をスパイダーマンは阻止することができるのか――。

 同時に解禁された最新ポスターでは、スパイダーマン、アイアンマン、そして敵バルチャーが競演。この三者がどんな戦いを繰り広げるのか、かつてないスケールのアクションはもちろん、一人の少年が本当のヒーローに成長するまでの物語に期待が高まる。

最終更新:5/25(木) 13:14
オリコン